TCGblog:セブンスウェル現象

もし、この戦いが終っても、生きていいっていわれたら、小さな鏡を一つ買って、微笑む練習をしてみよう。 もし、誰も傷つけずに生きていいといわれたら、風にそよぐ髪を束ね、大きな一歩を踏み締めて、胸を張って会いに行こう。

自動効果にカットインするってのは、MTGのスタックルールを少しだけ取り入れた感じみたいね。誘発にスタックで~、的な。
ゼロとかシュナイゼルのような出た時に云々系はタイミングを逃さずに解決出来るようで安心。ただ、自動効果に全部カットイン考えてたら50分で終わらないよね。
このルール変更のせいで赤緑C.C.は何これ感出てしまった(´・ω・`)

あと自動効果がテキストのプレイ扱いになった為に、「テキストがプレイ出来ない」や「未解決のテキストを無効」系の効果が強くなったね。(緑ボンズには強襲作戦とリバウンドっていうカードがあってry)


同時タイミングに起動した自動効果の解決順がわかりやすくなったのはグッド。これもMTGから取り入れたんかな?
武装変更も悪くないルール変更だとは思う(エウレカセブン的にも)

今の所謎なのはダメ判開始の飛び出しテキストかな。一番最初のカットインでしか云々書いてあるから、一方のプレイヤーが飛び出しテキストを宣言した時点でもう一方のプレイヤーは飛び出し出来なくなるように見えるのよね。解説求む。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック